エアコンの着脱工事には高額な追加料金が発生する可能性も

前の家のエアコンを使っています

エアコンの引越し料金は、通常の引越し料金とは別にかかります。

1台あたりの平均費用や、注意事項などについて調べてみました。(ちなみに、ここでは通常の引越しでエアコンも一緒に引越す場合を想定しています)

引越し業者のプランにはエアコンの取り外し、取り付けはオプション料金が設定されています。

ここで気をつけたいのが料金プラン。基本工事のみというコースと、追加費用込みというコースが用意されていることが多く、安い方の基本工事コースをチョイスする人も多いと思います。

基本工事にはパイプ(ホース)延長、ガス補充、室外機設置場所設定、コンセント変更等が含まれていませんが、実際にはエアコンの取り付けで何らかの追加料金が発生する可能性が高いのです。

例えばパイプ(ホース)の延長等は1メートルにつき2000円前後、ガス補充は数千円といった具合。

加算すると、最初から追加料金込みをチョイスしておいた方が安かったという口コミは結構多く見かけます。何もなければ基本の着脱工事のみでいいのですが、やってみないと判らないのが困ったところ。

ちなみに引越し業者のエアコン着脱料金は一般的に基本工事のみで10000円~12000円前後、追加費用込みで20000円前後となっています。

エアコンを複数所有していればかなりの金額になりますのでコース選択は悩みどころです。

しかし、口コミを探すと、当日エアコンをつけた後で驚く程の追加料金を請求されたという声も見つかり、しかも当日にプラン変更は認められません(当然ですが)。

ですから追加料金は発生するものとして最初から高い方のプランを選択した方がよいという意見にはかなりの説得力があります。

難しいところですが、見積りの際に営業員に「どんな時に追加料金が発生するのか」「どの程度の割合で発生するものなのか」「どのコースが正直おすすめか?」といった点も確認してみるべきでしょう。

何社かの営業員の答えを総合すれば、判断材料になるのではないかと思います。中には合計で50000円弱(1台で)の着脱料金になり、これなら処分して新品を購入すべきだったという声もありました。

エアコンの着脱には高額な追加料金が発生する可能性があることを頭において、コース選択するようにしましょう。